読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calning 生活を整える

日常をデザインし、豊かな生活を目指す

美しい空間とは?…空間デザインにおけるミニマル

minimal

今日は、空間デザインにおけるミニマルについて自分なりに考え直してみました。

 

f:id:Yugo110246:20161124210725j:plain

 

そもそもミニマルとは?

 

 

ミニマルとは、「最小限の」という意味。ファッションではシンプルな形と色を使用して表現するスタイルを指すことが多い。ミニマル・モード、ミニマル・ルックとも言う。 造形芸術分野における最小限を目指す手法がミニマリズム。また、美術の分野で無駄や説明的な部分を省き、シンプルな形と色を使用して表現する手法をミニマル・アートいう。(Minimal Art)

ミニマル : minimal 意味・用語解説 - ファッションプレス

 

デザインにおけるミニマルは美しいという要素が含まれていると考えます。

 

 

なので、最小限で美しいと言うことです。

 

 

物を減らせば減らすほど美しいという考えに私は否定します

 

 

問題は、物を減らした方が美しいかどうか、がミニマルだと思っています。

 

 

部屋に、花や絵画、家具などの物が置いてあると、それだけで空間に潤いができて美しい空間ができます

 

 

ミニマルのためのミニマルでは機能的かもしれないですがどこか寂しい、

 

 

それは、その空間に雰囲気で満たされていないからだと考えています。

 

 

私の考えでは、「物が少ない」よりも「美しい」の方が優先順位が高いです

 

 

美しさのためのミニマルが理想的です

 

 

部屋は1つの作品 

 

f:id:Yugo110246:20161027224054j:plain

 

作品であるからには、無駄な物を置いていたらそういう空間に見えます。

 

 

持っている意味が無いのなら邪魔なだけだと思います

 

 

埃のかぶった本や多すぎるペン、などの使っていない物は捨てるべきだし

 

 

生活感のある物は隠すべきだと思います

 

 

なぜなら、そういう物も部屋の雰囲気を作る大きな要素だからです

 

 

家具や絵画が飾ってある部屋に生活感のある物が置いてあるとやはり目立ってしまいます

 

 

目立つということは、その部屋の雰囲気の多くを占めることになるからです。

 

 

なぜミニマリストはいい物を持つのか?

 

f:id:Yugo110246:20161124210833j:plain

 

よく他のブログなどでミニマリストはその人自身が厳選した美しい物を少しだけ持っているのは、その物が空間に及ぼす作用を最大化させていると思っています。

 

 

それは、多くの物を持っていると物どうしで雰囲気を相殺し合うからです。

 

 

しかし、物が少ないとその物の雰囲気を最大化して空間そのものを楽しめます。

 

 

良いものは、良い空間を作ってくれる

 

 

空間の雰囲気を占める要素は少ないと生かさせて美しいと思います

 

 

だから、ミニマリストはいいものを持つと考えています。