読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calning 生活を整える

日常をデザインし、豊かな生活を目指す

認めてから成長できる

人生

自分を客観的に見てみると

 

f:id:Yugo110246:20161122210421j:plain

 

 

このブログを始めてから自分について色々と気づかされることが多くありました。

 

 

自分では知っていると思っていても全然知っていなかったり

 

 

出来ると思っていても、できなかったり

 

 

行動すると自分のことがよりクリアに見えてきました。

 

 

そして、これはとても良いことです。

 

 

それは自分をメタ認知して、目的へ向かって進んでいるからです。

 

 

そもそもメタ認知とは?

 

 

現在進行中の自分の思考や行動そのものを対象化して認識することにより、自分自身の認知行動を把握することができる能力を言う。 自分の認知行動を正しく知る上で必要な心理的能力。

 

 

これは凄く重要なキーワードです。

 

 

冷静、客観的に自分を見て、自分を知る必要があります。

 

 

何かできなくても「体調が悪かったから」と言い訳をしていたらその時点で思考停止してしまいます。

 

 

しかし、「自分にはできなかった、どうしたら出来るようになるか?」と結果を受け入れたらそこから改善することができます。

 

 

つまり、自分を認めるとそこから成長できます。

 

 

メタ認知をするキッカケ

 

 

メタ認知をするキッカケは、アドラー心理でした。

 

 

アドラー心理とは、大雑把に言うと

 

 

個人心理学とも言われ、自分を深く見ることができる心理学

 

 

アドラー心理と出会い自分が変わり自分について深く考えるようになりました。(悩みも劇的に減りました。)

 

 

それまでは、失敗しても自分の中で言い訳をしたり、凄く落ち込んだりしていました。

 

 

しかし、メタ認知を知ることにより、自分を客観的に見ることができ「失敗した原因はここだ」「自分にはこの能力が足りない」と冷静に判断できるようになりました。

 

 

そして、出会う物に出会えば一瞬で成長できるということを知りました。

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

まとめ

自分を客観的に見ることでメタ認知をすることができる。

 

自分には何が出来なくて、何が苦手なのかを嘘偽り無く考えて改善すると、より成長することができる。