読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calning 生活を整える

日常をデザインし、豊かな生活を目指す

ネガティブなことは基本的に触れなくていい

人生

 

f:id:Yugo110246:20161105234948j:plain

日々生活をしていたら嫌なこと1つや2つありますよね

 

 

世の中にはネガティブなことがあちこちにあります。

 

 

悪い知らせのニュースや悪口ばかり話す人、いろいろあります。

 

 

ネガティブなことばかりに触れていると、どうしてもネガティブな思考になってしまいこの世の中に希望が無いように感じてしまいます。

 

 

そして、ネガティブはデメリットばかりでも無いとは思いますが、基本的に触れる必要は無いと思ってます。

 

 

今回はそのことについて語りたいと思います。

 

 

ポジティブのメリットとデメリット

 

 

ポジティブはやはり良いことだと思います。

 

 

前向きに物事を捉え行動することが出来て、行動するとやはり楽しいし自信が付きます。

 

 

そして、友達も増えるでしょう。

 

 

しかし、ポジティブ過ぎると自分にとって都合の良い方にしか考えられず自分を改善できなくなってしまいます。

 

 

ネガティブのメリットとデメリット

 

 

ネガティブのメリットは、自分を改善できすることができます。

 

 

やはり生活をしていたら不安や緊張、など色々なことがあります。不安を解決することにより自信が付いたり、緊張を克服することにより新しい人間関係ができるかもしれません。

 

 

ネガティブのデメリットは、最初に言ったようにエネルギーを取られ、行動を制限されます。酷い場合には、生きる希望を失い自殺してしまうでしょう。

 

 

やはり、人間は少しでも希望があれば這い上がれますが、希望がないと諦めたら死んでしまうようなきがします。

 

 

触れる必要のないネガティブ

 

 

ネガティブなことは、自分の思っているより大きく写ってしまいます。

 

 

また、最初に言ったようにネガティブは基本的に触れなくてもいいと考えています。

 

 

例えば、やってみたいことを無理だと否定ばかりしてくる人や、悪口やネガティブなワードが口癖の人などは、少し残酷ですが関わらない方が良いと思います。

 

 

そういう人と関わるより、自分の未来の方が大切です。そして関わっていると自分もネガティブになってしまい、人がどんどん離れていくでしょう。

 

 

その他にも、嫌だった出来事、トラウマなどを引き出してしまう人もいるでしょう。(私もよくあります。)

 

しかし、記憶はあてになりません

 

 

なぜなら自分の都合のいいように書き換えられ、時間とともに変化するものだからです。

 

 

まとめ

ポジティブとネガティブにもバランスが大切で

 

自分の悪いところも冷静に受け入れ、前向きになることが大切だと思います。