読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calning 生活を整える

日常をデザインし、豊かな生活を目指す

万年筆 「生活を豊かにしてくれたもの」

豊かにしてくれるモノ

今日は少し寒くアウターを忘れたことを後悔しました。

f:id:Yugo110246:20161031211259j:plain

 

そんなとき、自分を豊かにしてくれるものってなんだろう?ふと思いました。

 

 

私は、2〜3年前くらいから考え始めましたが

 

 

 

自分を豊かにしてくれるものと必然的に出会うのは難しいです。

 

 

そして、今回はその考えるきっかけである生活を豊かにしてくれたものについて語りたいと思います。

 

 

万年筆を持つまではとにかくごちゃごちゃだった

 

f:id:Yugo110246:20161031220120j:plain

これは、私の愛用している万年筆です。

 

万年筆を持つまで、私のペンケースはいろいろなペンが入っていてごちゃごちゃしていました。

 

 

ペンが多いので一つ一つのペンの価値が低くく、ペンケースの整理もほぼしません。

 

 

なので、シャーペンの塗装が剥げていたり、ペンケースの中に消しゴムのカスがあったりして綺麗とは言えませんでした。

 

 

私はそんなペンケースに嫌気がさし、ペンケースについて向き合ってみました。

 

 

そもそも、間違うことがあまりない

f:id:Yugo110246:20161031212525j:plain

 

いつものように、字を書いているときにふと気が付いたことがありました。

 

 

そもそも、消しゴムを使う機会が少なかったのです

 

 

次の日、ボールペンで書いてみることにしました。

 

 

すると、シャーペンよりもスラスラ書けるし、間違っても斜線で消してしまえばいいと思いました。

 

 

そもそも、シャーペンを持つと、壊れた時のための予備のシャーペン、消しゴム、シャー芯と、最低でも4つの物を持つ必要がありますよね

 

 

しかし、ボールペンだと1本で済むということに気がつきました。

 

 

1本だけペンを持つなら良いものがいい

f:id:Yugo110246:20161031212915j:plain

 

それから、ペンについていろいろ調べました。

 

 

いろいろなペンがあり無茶苦茶面白かったのを覚えています。

 

 

そこで、出会ったのが万年筆でした。

 

 

しかし、万年筆といっても高価なイメージがありますよね、

 

 

確かにペンにしては少し高いかもしれません、

 

 

私のオススメするコンバータ式(インクを吸飲し補充するタイプ)だと、3000円くらいから買えます

 

 

しかし、無くさない限り何年も使えるので決して高くないと思います。

 

 

それからは…

 

 

だいたい想像できると思いますが、ペンケースが要らなくなりました。

 

 

というのは当時、高校生だったのでブレザーの内ポケットに万年筆と三色のボールペンの二本だけ持っていました。

 

 

万年筆は、とても書き心地が良く書いているときの音がすごく心地いいです。

 

 

万年筆を持ってから書くことが楽しくなりました。

 

 

ペンケースもなくすっきりしていますし、

 

 

何より、堂々と私の大切な物と言えます。

 

 

文章力は低いままですが、まさに私の生活を豊かにしてくれたものでした。

 

 

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ ブラック L17-EF 両用式 コンバーター別売 正規輸入品

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ ブラック L17-EF 両用式 コンバーター別売 正規輸入品