読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calning 生活を整える

日常をデザインし、豊かな生活を目指す

綺麗な空間がもたらす3つの効果

minimal

部屋は綺麗ですか?

 

 

この言葉を聞いて、ドキッとした人は少なくないかもしれません。

 

 

部屋を綺麗に保つのは凄く難しいことだと思います。

 

 

の部屋は綺麗ですが、保たれているわけではありません。何か作業をしたらどうしても散らかってしまいます。

 

 

なぜなら、使った物を元の位置に戻すのは正直面倒です。

 

 

しかし、私は基本的にこれでOKだと考えています。

 

 

そもそも、物が少ないと部屋の片付けに5分もかからないからです。

 

 

掃除を入れても、5分〜10分で終わってしまいます。

 

 

私の部屋が狭いのもありますが、ある程度広い部屋でも、数分で終わってしまうと思います。

 

 

つまり、毎日数分だけ片づければいいとおもいます。

 

 

しかし

 

 

そもそも、部屋が綺麗だとどんな良いことがあるでしょうか?

 

 

今回は、3つに分けて語りたいとおもいます。

 

 

 

1.無駄なエネルギーを使わずにすむ

  

f:id:Yugo110246:20161026211807j:plain

 

部屋が散らかっていると言うことは、多くの選択肢を増やしているということです。

 

 

今から勉強をしようと思っても、ちかくにパソコンや雑誌などなどが散乱しているとその物に注目してしまいます。

 

 

これは、本能で無意識のうちに脳がその物を警戒しエネルギーを多く消費してしまいます。

 

 

これでは、勉強の前にヘトヘトです。

 

 

また、部屋が散らかっていると怒りっぽくなるというデータもあるそうです。

 

 

2、自分の身の回りに本当に良いものが集まる

 

 

f:id:Yugo110246:20161026214040j:plain

 

最初に語ったらように、ものが少ないと部屋の掃除が数分で終わり、余裕ができます。

 

 

余裕があるので休日には、もっと細かいところまで綺麗にするようになり、普段使っている椅子を掃除してみたり、汚れが気になっているところを綺麗にしてみたりするでしょう。

 

 

すると、自然と物に愛着が出てきて、何かを買うとき自分の大切にできるものを選ぶことができます。

 

 

部屋も綺麗で、いい物を持っているとすごくモチベーションがあがりますよね

 

 

3.自分を見つめなおすことができる

 

f:id:Yugo110246:20161026214128j:plain

 

 

綺麗な部屋は、自分を見つめなおすのにとても優れた環境です。

 

 

それは、綺麗な空間は爽快感がありとてもリラックスできますし、無意識のうちに物を警戒してしまうストレスもありません。

 

 

綺麗な空間は、自分にゆとりを与えてくれ、冷静に考えることができます。

 

 

コーヒーや紅茶を飲みながら自分についてゆっくり考えるのもすごく楽しいものです